2019年最初のカードは負け越しです

三連戦は合計点で引き分けです
スポンサーリンク

大敗、大勝、接戦の末のサヨナラ負け。

2019年の開幕戦はこのような結果となりました。

1、2戦はいわゆるバカ試合ですが、3戦目は1点差試合。
こういう試合を制してこそ、今季の戦力が見えてくる部分もありますのでぜひ勝ってほしかった。

とはいうものの、小熊もリリーフ転向で迎えた今シーズン1発目。加えて9回で終わったことで余計なリリーフ陣をつぎ込んだ結果の延長サヨナラとならなかっただけでも良しと思いましょう。昨年はそんなケースがよくありましたから。

開幕戦のスタメンについては直前に多く予想されていた通り、高橋サードに阿部セカンド。そして、ドラフトからキャンプ~オープン戦と続いた根尾ー京田論争?は何だったのかというショート堂上直倫。京田選手は福田選手とともにベンチスタートです。
与田監督が就任以来一貫しておっしゃっている「何も決めていない」を形として見せてくれました。今後も選手の成績や動き次第では当たり前の選手が当たり前に出場するというようなことはなくなるのではないでしょうか。固定されていると思われている外野陣とてわからないと思います。
むしろ、大島選手や平田選手が脅かされるようなことになれば、厚みの増した野手陣がますます充実してくるでしょう。期待に胸が高鳴ります。

投手陣は先発投手3人がそろって試合を作ってくれました。1、2戦ともに早い回で降板しましたが、攻撃との兼ね合いもあるでしょうし、1戦目は負け、2戦目は勝ちと結果が分かれています。どの戦略がどうということは今は控えて、首脳陣を信じましょう。

又吉選手、田島選手が打たれましたが・・・まだシーズン始まったばかりです。

魔法の言葉、「まだシーズン始まったばかりです」

これを4月一杯使いましょう。

さあ、いよいよ本拠地開幕です。

タイトルとURLをコピーしました