ナゴヤドーム開幕戦勝利! 一文字画像アップデート

ウイニングボールを与田監督に渡す平田選手
スポンサーリンク

昨年度セリーグ覇者、広島カープを相手にがっぷり四つを組んだ上での鮮やかな逆転勝利。お見事。見ていて本当に頼もしかったし面白かったです。

まだシーズン始まって4試合が終わっただけでが、なんだろう、去年まで感じていた閉塞感、鬱屈感、窮屈な感じが見えない。昨年までのスタッフを批判するつもりなどサラサラありませんが、やはりどこかしらに馴れ合いもあったのではないかと思ってしまいます。

開幕戦での阿部・堂上選手のスタメン。そして開幕から代打枠だった福田選手は結果を出してこの日なんとレフトで先発出場です。

与田監督の「準備してきた選手をできるだけ使う」の言葉通り、しっかり練習し、しっかり準備をし、しっかり結果を残す選手はどんな選手にだって今年は輝くチャンスが訪れることでしょう。

ペナント5位にもかかわらず昨年7人の規定打席到達選手がいました。これは、 将来のために我慢していたと見ることも出来ますが、 チーム状況が悪いにもかかわらず手を打たなかったと見ることも出来ます。今年はこの様子だと、ひょっとしたら規定打席到達者は減るかもしれません。しかし、それだけいろんな選手にチャンスが訪れるということでもあります。

与田監督は就任以来、「何も決めつけない。見て決める」を今のところ貫き通しており、ブレるところがありません。

さて、開幕前に遊ばせていただいた一文字広告。

昨年までのユニフォームだったので開幕後の新ユニフォームバージョンを作らせてもらいました。

まずは昨日のヒーロー。

ナゴヤドーム開幕戦で決勝打を放つ阿部選手

遅咲きの花。1軍開幕戦スタメンを「掴」み、また、昨日は勝利を「掴」んでくれました。
バットを粉々に砕きながらの渋いヒットはまさにこの選手らしいものでした。

まだ1軍定着そしてレギュラーを「掴」んだとはいえませんが、去年まで全くと行っていいほど実績のなかった選手のこの時点での活躍はとてもワクワクします。
和田選手の5番を受け継いだ阿部選手。ぜひ今後の活躍も和田選手のように遅咲きの大輪となって欲しいものです。


そしてもう一つ。

ドーム開幕戦でタイムリーを放ちガッツポーズをする堂上直倫選手

堂上直倫選手。今シーズンバージョンにアップデートです。
キレイなお顔が隠れてしまっていますが、気迫溢れる素晴らしいショットだったので使わせていただきました。以前のバージョンを作ったときのコメントで、レギュラーは難しいかもしれないから、ぜひ野手版8時半の男になって欲しいといっていたのですが、まさかの開幕スタメン。そしてきちんと結果を残して出場をつづけています。
ほんとうに、本当に今年は「成」ってくれるかもしれません。
みんなが大好きな直倫選手。活躍すると一番嬉しい選手。どうかこのまま。

そういえば、今年の新バージョンを作れるかと期待していた先発の大野投手。残念ながら勝利投手になることが出来ませんでした。7回4失点はともあれ3被弾はあまり褒められた内容ではないかもしれませんが、私個人、このド素人の個人の意見としては今までよりもよっぽど良かったような気がします。昨年までのような悲壮感伴うピッチングではなく、ちぎっては投げちぎっては投げで打者に向かっていく。打たれたときもがっくり来るのではなく、打者に対して「てめえ打ってんじゃねえよ」ふてぶてしい態度。朝刊のコラムでレジェンド山本昌さんが指摘されていたように、大事なところで高めに抜ける球を少なくすれば、2年ぶりの勝利も遠くなないでしょう。

今年はいろいろ楽しみです。いまのところ。

タイトルとURLをコピーしました