ダイエットと低糖質とその本質を考える

のり弁とぺんぎんさん
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成
スポンサーリンク

とあるお弁当の比較

まずはこちらの比較表をみてください。

お弁当Aお弁当B
カロリー492kcal389kcal
たんぱく質28.0g28.7g
脂質33.0g22.4g
炭水化物17.4g18.0g
塩分2.3g3.6g

お弁当を販売しているとある2社の、お弁当のカロリーと成分を比較してみたものです。

比較する際に、全く同じおかずのものがなかったため、できるだけ似たようなものをチョイスしています。いわゆる「からあげ」がメインのお弁当です。

どちらもご飯はつきません。おかずのみの内容のものです。ここにご飯を足した場合、200~300程度のカロリーとそれに伴う成分が足されます。

どちらも成人1食分としては(ダイエット中でもない限り)一般的と行っていいお弁当ではないでしょうか。

お弁当Aとは?

お弁当Aは、最近知人から頂いて食べたものです。

私がダイエット中だということを知っている人が、これなら食べられるのではないかということで差し入れてくれました。わざわざ調べて買ってきてくれたようです。ありがたいことです。

そうです。これはいわゆる「健康食品」的な立ち位置にある商品です。

私はもらうまで全く知らなかったのですが、最近かなり勢いが良い商品のようで、ネットで検索してみたら、それはもう当該企業のサイトや個人のダイエットブログなどが山のようにヒットします。

大人気のようです。

そのサイトを開くと飛び込んでくるのは「健康」「低糖質」「低塩分」の言葉。

やはり昨今の流行よろしく「低糖質」が1つの売りでもあるようです。

ただこれを食べていて、ひとつ強烈な違和感を感じてしまったのです。

それが、今回こういった検証をしてみようと思ったきっかけです。

スポンサーリンク

油がギトギトだった

主菜、副菜、ともに油に浸かっているような状態だったのです。

特に、添えてある茄子の揚げ浸しでしょうか、油でベトベトです。もちろん、メインのから揚げも油多めに感じます。

このお弁当は低糖質が売りで、確かに成分表を見る限り糖質は低めです。

でも、そもそもご飯やパンがついているわけではありません。糖質が低いのはむしろ当たり前です。

糖質OFF麺などのように本来炭水化物である部分を他のものに置き換えているわけではありません。

そして、主食部分がないために糖質は確かに少ないですが、先程言ったように脂質は少なくありません。むしろ「脂っこいな」と感じるほどに多いです。

実際、1食で脂質33gは多いです。ちなみにダイエットアプリ「あすけん」が私に推奨している脂質の1日の摂取量は56gですから、そのおよそ6割です。

これほどまでに脂質が多ければ、せっかく減らしてある?糖質とトレードオフになってしまっているのではないだろうか。

なにか頑なな理由があってどうしても「糖質だけ」は減らしたいならわかりますが、ダイエット目的であればこの「低糖質」になんの意味があるのだろうかと疑問に思います。

その思いをさらに強くしたのはお弁当Bの成分を調べてからでした

スポンサーリンク

お弁当Bはいわゆるお弁当屋さん

全国展開するお弁当チェーンです。日本中どこにでもあります。

こちらは今回の記事で一切の批判要素ないので、もうはっきり言っちゃいます。

ほっともっとの「から揚げ弁当(おかずのみ)」です。

おそらく多くの方にとても馴染みのある、おそらくほっともっとではのり弁当の次くらいにお馴染みの「から揚げ弁当」のおかずのみです。

もう一度表に戻って見比べてみてください。

あの、下手をすればジャンクフード扱いされそうな、健康には程遠そうな(失礼)ほっともっとの唐揚げ弁当は、最近健康食ブームにのって勢いを伸ばしている食品メーカーのお弁当と比較しても、全く引けを取らないほどに健康的なのです。

塩分がやや多いですが、たんぱく質と炭水化物はほぼ同じ、そして脂質がかなり少なくその分総カロリーが8割ほどです。

ほっともっとを利用する方の多くはご飯付きで買っていくでしょうから、こんな比較は意味がないという方もいるかもしれません。

でもお弁当Aの方はそもそもご飯がついていないのです。「低糖質」と謳いながらそもそも同じ土俵に上がってすらいないのです。

スポンサーリンク

食べ物は美味しいことが大前提

別に食べたければ「お弁当A」を食べればよいでしょう。食べて気に入れば追加で買えばよいでしょう。

でも私は2度と食べないと思います。

理由は上で書いたこともありますが、それよりもなによりも「不味かった」からです。

美味しくありません。

3食もらいましたが、たまらずに1食分を家族に協力を仰いで食べてもらいました。

いわく、やはり「美味しくなかった」そうです。

ちゃんとした方がメニュー開発をされているようなので、きっとレシピ通りなら美味しいのでしょう。

でも何千何万食と作る場合は作る人、機械の問題です。

私の前に出されたお弁当は、この飽食の時代に考えられないほどに不味かった。

頂いたお弁当は3種類でしたが、そのどれもが不味かった。

そして、値段もほっともっとよりも数段高い。

選ぶ理由がない。

私にこれを届けてくれた人は、きっと一生懸命調べてくれたのでしょう。

その行為はとても感謝しています。

そしてこれを初めて食べる人も、きっといろいろ調べてそこへたどり着くのでしょう。

気に入った人は食べ続けるでしょうし、私のように気に入らなかった人は文句を言いながら箸を置くでしょう。

実際、この会社の名前を検索するとサジェッションに「まずい」とすぐに出てきます。

「○○○ まずい」で検索する人が多いということでしょう。

しかし、不思議なことに不味いというレビューはあまり多くありません。少なくとも検索上位にはあまり見られません。

ひとつ言っておくと、こちらの商品のレビューを紹介しているWEBページの多くはこの商品の広告を貼っています。それが何を表すかはここでは言及しません。察してください。

スポンサーリンク

情報を選ぶということ

今の世の中、ダイエット情報が玉石混交溢れかえっています。

私がひとつ危惧するのは、ひとつの情報がマスコミなどによって大きく広がると、雪崩を打ったように誰もがそこに流れ込んでしまうことです。

今はその1つにこの「低糖質」があるのではなかろうかと思っています。

ここまでのダイエットで私が学んだこと。ダイエットで最も大事なのは糖質を減らすことではありません。

最も大事なのは、適切なカロリーと栄養のコントロール。

摂取カロリーと消費カロリーの計算に加えて、栄養のバランスを考えれば必然的に糖質や脂質は適正な数字に落ち着きます。

それはゲーム開始時のキャラクターメイキングと同じです。

限られたカロリーをそれぞれの栄養素に割り振っていくのですから、一部だけが突出した数字にはならないのです。

今後もこのブログでは、あくまでも私自身が経験したこと、学んだことのみを書いていきます。

何より今回一番言いたかったことは、ほっともっとのお弁当はとっても美味しいということ。

そういえはダイエット開始以降もう3年も食べてないですね。

特海苔タル弁当食べたいなぁ~久しぶりに。前は2個食いとかしてたなあ。だから太ってたんだけど。

今度のチートデイで食べよっかな。

※※※※ 注意 ※※※※
このブログにはグーグルアドセンスによる広告があります。その都合上、閲覧者の履歴・嗜好によっては当サイトとしては決してお薦めできない商品の広告が表示されることもあります。アンコントロールなのであらかじめご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました