ダイエッターの皆さん
立ちくらみしませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

197日目 89.7kg -30.3kg

今日のお昼は冷凍のエビマヨをレンチンしたものとサラダ。サラダはレタス・キャベツ・玉ねぎとかもろもろ入ったオーソドックスなものです。ドレッシングは今日はゴマドレでした。ドレッシングは普通に使います。種類や量もそんなに神経質にはなっていません。

長くダイエットを続けていると、体調に異変を生じることがあります。特に極端な糖質制限を続けていると、立ちくらみやめまいを感じることがあります。糖質制限ダイエット大流行中の今ですが、これについてはメディアなんかでもあまり触れられていません。ネットで検索したりすると、この問題に直面している人がかなり多いのはわかるのですが、ダイエットを煽るテレビなんかでは全然触れていませんね。どうなんでしょう。


わたしも2ヶ月を過ぎた頃、立ちくらみを感じるようになりました。原因については、要するに栄養不足なわけですが、はっきりと「これ」というものはいろいろ調べてもわかりません。対処方法も特に決め手はないように感じます。


私の場合はかかりつけのお医者さんに相談したところ、実に単純なアドバイスをいただきました。つまり、「もうちょっと炭水化物をとってはどうか?」ということでした。1日におにぎり1つ分程度。このくらいを毎日の食事に加えてくださいとのことでした。
もともと長期戦のつもりでしたので、この頃からそれまで以上に食事内容についてはあまり極端に制限しなくなりました。もちろん、主食は基本的にとりませんし、お腹いっぱい食べるようなことも控えますけど。
今でもときどき立ちくらみがすることはありますが、前ほどはおきません。

そういえば、上述の先生に話を伺った帰り道。コンビニでシュークリーム一つ買って帰りました。極端すぎるんですが、あまりに立ちくらみがきつかったんで早く治るかなと思ったりして・・・。
でもね、食べたらあんまり美味しいと思わなかったんですね。甘い物大好きだったのに。たしかその時点で80日超、-20kgはいってましたので、すでに体が変わってきてたのでしょうね。おかげでそのままずるずるいかずにすみました。

ともあれ、ダイエットを長く続けてるにあたって、体調の変化には気をつけたほうが良いでしょう。結果を追い求めるあまり体を壊してしまってはいけません。また、そのようなダイエットにはおそらくですが、恐怖のリバウンドが待っています。

私の場合は、たまたまかかりつけのお医者さんの専門が生活習慣病や糖尿・腎臓病であったため、(というか、だからこそその医院に通う羽目になっているわけですが)定期的に体の状態をチェックできています。

なかなか都合がつかないとは思いますが、医師とはいかないまでもやはり大幅なダイエットを行うのであれば定期的に専門家にチェックをして頂いたほうが良いと思います。
ただし、この場合の専門家というのはあくまでも医療関係や運動の専門家(トレーナーなど)のことです。ダイエットビジネスには怪しい専門家がうようよいますので、財産失わないようにしてください。

なにごとも、ほどほどに、的確に。



タイトルとURLをコピーしました