糖質制限中でもシチューが食べたい、だから作る

シチュー引き回し
スポンサーリンク

シチューが大好きです。カレーも大好きです。ハヤシも。

つまりあの手のものが大好きです。日本中大好きだと思います。あまり、苦手だという人は見たことがありません。世界は知りません。

しかしダイエット中はやはり控えなければいけません。だってあれは炭水化物だから。
インドカレーはさておき、日本風のカレー屋シチューはそこそこの量の小麦粉を使っています。言われてみればその通りなのですが、意外とその部分盲点になってる人もいるのではないでしょうか。ダイエット中だから食べないというと、「何で」という人多いです。説明すると理解するのですけど。
シチューやカレーに限らず、とろみ成分があるものは疑っていいと思います。中華料理のとろみは小麦粉でなく片栗粉の場合が多いですが、これもやはり炭水化物。

「とろみを見たら敵と思え」

ダイエット中の鉄則です。

でも、好きなものの中でもかなり上位にくるこの手の料理。ああそうだ、グラタンもそうだ。ドリアもそうだ。つまりはホワイトソース系。あれも小麦粉。
カレー、シチュー、グラタンで連想ゲームしたら答えは「デブ」じゃあないですか。
そんな好きなものを長い間食べられないのはとても辛い。

ではどうするか。

似たようなものを作りましょう。

シチューに見えて、シチューっぽい味のものを作ります

ダイエット中の代替レシピはクックパッドを開けばそれこそ星の数ほどでてきますが、そう言わずにお付き合いください。これはダイエットだから、というよりも、例えばルーが無かったりしたときに、今まででもやっていたやり方です。

豆乳を使います。

今回は豆乳ですが、私のダイエットは油成分はあまり気にしませんので牛乳でも構いません。でも豆乳使ったほうが何か代替食品っぽくありませんか。なんとなく。

今回のメイン食材はこちら、業務スーパーで買ったミートボール。肉団子ではなくてミートボール。業務スーパーには「肉団子」という商品もあるのですが、正直食べた感じそんなに差はありません。加熱済み商品なので、簡単に使えます。

このミートボール、そのまま煮込んでも構わないのですが、正直価格相応でそんなに美味しくありません。そこで、料理に使う前に、オーブントースターやグリルで表面を1度カリッとさせると全然食感が変わって美味しくなります。手間を惜しまないのであれば試してみてください。

糖質オフダイエット用豆乳シチュー

今日の食材は実は玉ねぎとミートボールのみ。ごめんなさい。冷蔵庫に何もなかったのです。

お好みでいろいろ足してください。

でも間違ってもじゃがいもとか入れないように。ダイエット用でもなんでもなくなりますから。

糖質オフダイエット用豆乳シチュー

具材を炒めたら豆乳入れて味付けして軽く火を通します。グツグツ煮込む必要はありません。

味付けは今回も上湯スープを使いました。中華調味料ですが、コンソメとか使うよりむしろシチューっぽくなります。

実はこのあと料理に集中しすぎて写真を取るのを完全に忘れてしまいました。
大失態。

このあとすることは、溶き卵を中火でゆっくり回し入れて、玉にならないように混ぜ合わせます。
さらにナチュラルチーズをふりかけて、溶けるまでこれも混ぜます。

糖質オフダイエット用豆乳グラタン

出来上がりです。

しちゅーというかグラタンというか、少し卵がダマになりましたが、いかにもそれっぽいものが出来たのではないでしょうか。映えは別として。

あじはもう完全にシチューです。保証します。だまって出せば特に違和感はないでしょう。

糖質オフダイエット用豆乳シチュー

ついでにこちら、別の日に作ったバージョンです。こちらのほうが美味しそう。そして実際に美味しかった。

違いは具材だけです。豚バラ肉の薄切り(しゃぶしゃぶ用などのもの)と刻みネギ(麺類のトッピング等に使うもの)を使っています。これ本当に美味しかったです。

どうでしょうか。グツグツ煮込む必要もないし、非常に簡単に作れます。

シチューが大好きだけど体重が気になるという方は一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました