ダイエット対策済みサンドイッチを作りました

はんぺんバーガー
スポンサーリンク

今年の節分にはダイエット対策のために、酢飯代わりにはんぺんを使った恵方巻を作りました。

これがなかなか美味しかったので、第2弾に挑戦します。


はんぺんバーガー

このような謎肉、謎肉というかペラペラのハンバーグパテなのですが、格安で売っていましたので、思わず買ってしまいました。 どれくらい安いかというと、これだけで200円。なんと1枚あたり25円。恐怖感すら漂います。

はんぺんバーガー

ご覧のようにぺらっぺらです。

マックのハンバーガーのごとくペラッペラです。

名前伏せますが、一応誰でも知ってるちゃんとしたメーカーの商品です。

このようなものが手に入ったので、ハンバーガーというかサンドイッチというかそんなものを作ろうと思います。モスバーガーなどでもバンズを使わないハンバーガー「菜摘」とかありますが、あれはもうハンバーガーというよりただのレタスで包んだハンバーグなので、もうちょっとそれっぽいものにしたいと思います。

紀文のはんぺん

再登場のはんぺん。
このダイエットでは活躍している紀文のはんぺん。

余談ですが、Google日本語入力はなんと紀文が一発変換できません。このブログではこのあと何度も登場することでしょうから単語登録しておくことにします。

はんぺんバーガー

これを横に薄くスライスして2枚にします。

これがバンズの代わりになります。

はんぺんバーガー

これを軽く焼きます。焼き目ができるくらいに。

はんぺんバーガー

こんな感じですね。
もうちょっと焼きたい感じです。
フライパンで焼きましたが、オーブントースターやグリルで焼いたほうがいい感じになるかもしれません。

はんぺんバーガー

大きめなレタスの葉を広げた上にはんぺんの片側を載せます。

パンの場合と逆です。最終的にレタスが一番外側になります。はんぺんが外側だと手で持って食べるときに崩れやすいのでレタスで包む形になります。

はんぺんバーガー

先程のハンバーグをのせてケチャップをかけます。

ハンバーグもフライパンで軽く焼いています。加熱済み商品ですのでレンジで温めるだけでもよいのですが、やはり少し焼き目がほしいところです。

はんぺんバーガー

とろけるチーズ、そして、予め焼いておいた卵焼きをのせます。
たまたまタルタルソースがあったのでかけましたが、マヨネーズで良いと思います。
お好みでマスタードなど。

はんぺんバーガー

もう1枚のはんぺんで蓋をしましょう。

はんぺんバーガー

さらに上からレタスをかぶせます。
はんぺんのサイズに合わせてはみ出たところを包丁で切ります。
あまったレタスは後でサラダにして食べましょう。

完成です。

やはり映えませんが、でもまえよりもだいぶシズル感がでるようになりました。美味しそうです。

たったこれだけです。最初に「菜摘」じゃ物足りないとかいいながら、はんぺん足しただけみたいになってます。でもこれ、すごく美味しかったです。
残念だったのは、例のペラペラのハンバーグはイマイチだった。次はもっとちゃんとしたハンバーグで試そうと思います。そのペラペラハンバーグはあまってしまったので後でみじん切りにして野菜炒めにいれて食べました。もう買いません。

それと、今回生はんぺんでしたが、揚げたはんぺん、要するにさつま揚げでもきっと美味しいでしょう。それはすでにハンバーガーではなくて肉入りのはんぺんなような気もしますが。

興味がありましたらお試しください。

タイトルとURLをコピーしました