ダイエット中に便利なレンチンひとり鍋

土鍋に入って茹でられるペンギン
スポンサーリンク

相模屋の誇るダイエットの味方 一人鍋豆腐シリーズ

たまたま近所のスーパーマーケットで見かけて以来、何度も食べています。

スーパーの豆腐コーナーで見かけた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな感じのパッケージのお豆腐。

中身は大きめのお豆腐とお出汁。トレーのままレンチンできますので、電子レンジのあるところならば、これだけですぐに食べられます。

種類も豊富で、今相模屋さんのサイトで紹介されているものは全部で15種類。

そのうち私が食べたことがあるのは

  • 山椒がピリッときいた麻婆豆腐(中辛)
  • あごだし仕立ての湯とうふ
  • 豆乳たっぷりスンドゥブ
  • あさりの旨み!海鮮スンドゥブ
  • 海老のだし!海鮮スンドゥブ 辛口

の5種類。

これ、要するに私がいままで行ったスーパーで売っていた全種類です。できれば全15種類食べてみたいのですが、見かけたのがこの5種類だけでした。

作り方は実に簡単です。

付属の容器にお豆腐とお出汁をいれて、レンジで加熱するだけ。トータルでも5分かかりません。

相模屋のひとり鍋 豆乳たっぷりスンドゥブ

ちょっと濃い目の味付けですが、どれもとても美味しいです。

麻婆豆腐やスンドゥブなどの辛口の商品も程よい辛さです。舌にガツンと来るほどのものでもなく、物足りないほどでもなく。
(注:辛味の感じ方には個人差がありますので、自己責任でおねがいします)

もちろん、美味しいだけではいけません。

ここはダイエットブログですから、カロリーや栄養素も大事です。

麻婆豆腐あごだし豆乳スンあさりスン海老スン
エネルギー218kcal166kcal227kcal189kcal176kcal
たんぱく質16.9g13.7g18.3g14.7g13.8g
脂質11.4g6.8g12.3g9.9g8.0g
炭水化物12.7g12.4g11.3g11.5g12.5g
塩分3.0g2.5g1.9g2.7g2.8g

どれもカロリーは200kcal前後。最も高い豆乳スンドゥブでも227kcalです。
これはほぼ、ご飯やパンなどの主食1食分とおなじくらいです。

そして何よりお豆腐ですから、たんぱく質が豊富です。

明治が販売しているザバスのプロテイン。そこらへんの薬局などでもよく見かけるもっともポピュラーなプロテインだと思いますが、その1回分、21gのプロテイン粉末に含まれているたんぱく質が15gです。
つまり、この一人鍋豆腐を食べればザバスのプロテインを飲むのと同じだけのたんぱく質がとれるのです。

特にキツめの筋トレをしていたり、筋肉を大きくしようとしている人でなければ、1日に自分の体重✕1g程度のたんぱく質摂取できればよいので、1食分のメニューとしては、これで十分でしょう。

チョイ足しで満足度UP

私はこれを食べる時は、だいたい決まった食べ方があります。

実は初めて食べたときはこれだけをそのままチンして食べたのですが、美味しいことは美味しいけれどちょっと物足りなかった。
そこで、次に食べるときからこれに少し足すことにしました。

まずはご飯。

ご飯です。主食のご飯。

※今私がやっているダイエットは、あくまでもカロリーの総量コントロールなので、炭水化物制限や主食制限はしていません。総量を制限する中で、栄養のバランスを取ろうとすれば、おのずと炭水化物の量だけ必要以上に増えてしまうことはありません。
なので、ごく普通に、毎日のように、特にお昼は主食なるもの、ご飯や麺類を食べています。※

よく使うのはパックのご飯です。炊いたご飯じゃなくて。
別にどんなご飯でもいいです。炊きたてでも冷凍のを戻したのでも、冷ご飯でも。どのみちレンジ使いますし。

私はパックご飯の180g入りのやつを使います。カロリーはだいたいどのメーカーのものでもこの分量だと250kcal前後。

そして、さらにここにたんぱく質を足します。

そこはもう、好みの問題と、食材の調達の問題です。

用意できるならば、肉味噌が一番相性が良いと思います。ひき肉と玉ねぎ(あるいはネギ)を味噌で炒めたやつ。

この肉味噌とご飯を豆腐の容器に全部放り込みます。

そして、温泉玉子を一つ落としたらおもむろにかき混ぜます。

これがもう、とても美味しい。絶品です。お腹もマンゾク。

こちら、家で肉味噌温玉のせ麻婆豆腐丼を食べたときのものです。家なので、丼ぶりに移しています。

相模屋のひとり鍋 ピリッときいた麻婆豆腐中辛 肉味噌温玉乗せ

このブログではいつものことですが、絵面は良くないですが、とっても美味しいです。

問題のチョイ足し後のカロリーですが、麻婆豆腐の場合、肉味噌+温玉+パックご飯180gで

豆腐単品パックご飯肉味噌温泉玉子合計
エネルギー218kcal254kcal170kcal83kcal725kcal
たんぱく質16.9g4.1g25.8g6.6g53.4g
脂質11.4g0.7g2g5.7g19.8g
炭水化物12.7g58.1g11.8g0.2g82.8g
ひき肉は鶏むね100g 玉ねぎ1個 ご飯はCGCの180g(あすけんの数値)

どうでしょうか。総カロリーも700台に収まりました。この場合は正直たんぱく質を摂りすぎです。一度の食事でこんなにとっても吸収されない可能性ありますので、もっと控えても良い気がします。そうすれば、カロリー自体ももっと抑えられますから。

個人的には味のポイント的に温泉玉子は外したくないので、ひき肉をもっと減らしてたとえばお茄子を炒めてみたりとか、キノコ類を炒めてみたりとかすれば相性が良いのではないかとおもいます。

また、肉味噌なんてなかなか出先だと用意できないかとも思いますので、そのとき調達できるものをチョイ足ししてお楽しみください。好みは人それぞれです。

それに、別にチョイ足ししなくても、これとご飯があれば、十分満足できると思います。

レンジアップできない場合には

たとえば家や職場に電子レンジがない、などという場合、まずは最近電子レンジも安いものだとそんなにしないので、今後のことも考えて購入することを考えてほしいわけですが、そうにも行かない場合は、レンジが必要ない食品も相模屋さんは発売してくれています。

それが「おかずやっこ」シリーズです。

こちらは「わさびのだし茶漬け風冷やしおぼろ奴」や「おかかで食べる豆乳たっぷりおぼろやっこ」など、イメージで言うと、お茶漬けのご飯の部分をお豆腐に置き換えたような食品です。

レンジアップしないでそのまま美味しく食べられます。特に暑い季節はピッタリで、今年の夏は私も何度か食べました。

もちろん、ご飯を放り込んで。

他にも、豆腐パスタを使った「豆腐サラダ」シリーズなんかもあるのですが、そこはまだ食べたことがないので今回は紹介いたしません。

実際に、見て、聞いて、体験したものだけ紹介していくスタンスです。

実は今、冷蔵庫にひとり鍋が1個入っています。

多分、明日か、明後日、お昼ごはんになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました