体重の1日毎の増減で一喜一憂しないようにしたい

一喜一憂するぺんぎんさん
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成

195日目 89.7kg -30.3kg

今日はこの冬一番の寒さということで、ほんとに寒かったです。

日中、体は空いていたのですが、ついついウォーキングサボってしまいました。

体重はブログを始めてから一進一退の感じですが、一日単位での増減についてはあまり意識しないようにしています。

基本的に、朝起きて用をたした直後に体重計に乗るようにして、あまり毎日のコンディションに差がないようにはしていますが、それでも体内の水分量などで大きく変化します。

最近の体重計は01.kg単位での計測が普通ですが、水を1杯飲んだだけでも見た目の体重は増えますから。

そのあたりを気にしすぎて変なモチベーションにならないように、きちんと記録して、3日間単位、1週間単位での増減をチェックするようにしています。

こうすると、例えば、2~3日なかなか減らないなというときも、実は平均では先週よりも1kg近く減っていたりします。

さらには、1ヶ月単位でまた振り返ったときにその効果を実感できますので、ダイエットを続けていくための大いなる後押しとなります。

ダイエットを長く続けていると、体重が必ず余り減らない日、むしろ増えている日などが出てきます。

やるべきことをやらずに、例えば食べてはいけないもの、量を食べてしまったとかが原因であれば正すべきですが、予定通りの生活が続けられているのであれば、それについては気にすることはありません。

前述のように、水を多めに飲んだだけでも見た目の体重は変わります。

極端な話、1リットルのペットボトルの水を飲み干せば、一時的には体重は1kg増えるのです。
(もちろん、不可解な体重増減が長い期間続くのであれば、体の異常を疑うことも必要ですが)

ですから、そういった不特定要素をすこしでも取り除くためにも、3日単位、1週間単位での体重推移をチェックするようにしています。

そうすると、見えてきます。ちゃんとしたダイエットをしていれば、結果は必ず出ています。

それでも出ていない場合、生活をもう一度見直しましょう。

ちなみに1週間前、12月1日土曜の体重は90.6kgでした。
1ヶ月前、11月8日は93.6kgでした。

こういう見方をすれば、たとえ1日単位で体重が少し増えたりしていても、もっと長いスパンではきちんと減っているということが確認できます。

ただし、増加が続いているようなときは気にしたほうがよいですけどね。


タイトルとURLをコピーしました