『迷惑メール』支払情報一致していません

アマゾンを装った詐欺メール
スポンサーリンク

Amazonで購入時の支払いエラーを装った詐欺メール

受信日時 : 2020年8月27日

送信者 :Amazon.co.jp <no-reply@amazon.co.jp>

件名 : 支払情報一致していません

本文 :  

アカウントサービス | Amazon.co.jp

支払情報一致していません
注文番号: 249-0461725-4209434

客様

お客様のアカウントで異常な行為が検出されたため、お客様の注文と Amazon アカウントを停止させていただいております。アカウントにログインして画面の指示に従うことで、アカウントの停止状態を解除していただけます。

恐れ入りますが、以下の情報をご確認のうえ、お支払い方法の変更。

領収書/購入明細書

注文番号: 249-0461725-4209434
注文日:2020/08/27

商品の小計: ¥ 93,280
配送料・手数料: ¥ 0

注文合計: ¥ 93,280

支払い方法
クレジットカード(Visa)一括払い: ¥ 93,280

※クレジットカード番号・有効期限の入力に間違いがないかご確認ください。
クレジットカードが利用いただけない理由については、ご利用のクレジットカード会社までお問合せください。

Amazonログイン >

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp


おなじみのタイプのフィッシングサイト誘導メールです。

アマゾンで商品を購入した際に支払情報が間違っていたとの嘘の情報で偽サイトへ誘導して、個人情報の入力を促します。

このパターンも割と多く、今までにも何度も受信しています。
ただ、今までは商品画像もちゃんと使われたりしていて割と作り込んであるものが多かったのですが、今回のはあっさりしているだけではなく、商品名すらありません。商品名を書かないことで不安感を煽っているのか、はたまたただの手抜きなのか。

そもそも93280円って何?と思ったので検索してみたらどうやらこれっぽいですね。

iPad Pro アマゾン商品画面

84800円のプラス消費税10%。他にも色々ありそうですが、多分これでしょう。何故なら今までもこういった商品購入時のエラーを装う詐欺メールの場合、アップルの商品である場合がとても多かったので。
これとか。

これと比較しても今回のあっさり度がわかると思います。

それに、「Amazonログイン」のリンクボタン(もちろん詐欺サイトへの入り口です)の上に謎の無地ボタン。なにかと思ったら、下のログインボタンとリンク先は同じでした。単に修正していないだけっぽいです。

全体的に荒い作りです。

そういえば、文頭の衝撃的出だし「客様」がついこの前受信した楽天バージョンと同じです。同じグループなのでしょうか。

今回の記事は余談がとても多くなってしまいました。

いつも同じようなパターンばかりなのでたまにはいいかな。

以下にアマゾン型の詐欺メールを見分ける方法の一例をご紹介しています。よろしければ御覧ください。

タイトルとURLをコピーしました