『迷惑メール』楽しい時間をAmazon.co.jpでの不審な取引に関する情報。

アマゾンを装った詐欺メール
スポンサーリンク

ツッコミどころ満載のアマゾンを騙る詐欺メール

受信日時 : 2020年11月5日

送信者 :support@amazon.co.jp<noreply-mailaddservewebapss7368724@idms-co-jp.com>

件名 : Amazon.co.jpでの不審な取引に関する情報。

本文 :  

Amazon

注文履歴 | アカウントサービス | Amazon.co.jp

ケースID: #578-901420207-95651333

こんにちは ********@*******************,
セキュリティ上の理由により、アカウントは一時的に無効になっています
私たちのシステムはあなたのAmazon.co.jpアカウントから不審なトランザクションを検出しました。

この購入を承認しなかった場合は、にアクセスしてください。: 解決センター

注文内容
注文番号: #578-901420207-95651333
注文日:November 5, 2020, 2:21 am

¥5,265 Google Play Gift Card
エレクトロニクス
販売: FiveStar Market
状態: 保留

\ 5,265

税引前合計: ¥ 5,265
配送と取り扱い: ¥ 0

注文合計: ¥ 5,265
選択された支払い方法: クレジットカード

注文をキャンセルする必要がありますか?詳細およびビデオガイドについてはヘルプページ を参照してください。

またお会いしましょう。
Amazon.co.jp

商品がAmazonマーケットプレイスから購入された場合、有効な請求書を発行するために、売り手はVAT番号やVATコードなどの追加情報を要求する場合があります。

このメールは、ご注文の受領確認のみです。 これらのアイテムを購入する契約は、アイテムが発送されたことを通知する電子メールを送信するまで完了しません。

注:この電子メールは、受信専用のメールを受信できない通知専用アドレスから送信されました。 このメッセージには返信しないでください。

こちら、よくあるアマゾンの注文時のアカウントエラーに見せかけたフィッシング詐欺メールではあるのですが、ちょっといろいろ変わっています。
変わっていると言うか、おかしなところが多すぎて、まるで詐欺師が顔に「私、人を騙します」と入れ墨を入れてやってきたような感じです。

メールアドレスが長ったらしい変なアドレスなのはよくあることとして、何故かメール返信先が指定されており、そのアドレスが、なんと「no_reply@apple.com」

変な迷惑メール アマゾンなのにアップル

「apple.com」アップルですよ。アマゾンから来たメールなのに返信先がアップル。何故?

さらに、購入した商品が「Google play gift card」

アマゾンで、アマゾンギフトカードではなくて、グーグルプレイカード。

売ってませんよ。今。どうやって買ったのでしょうか。
マーケットプレイスで買ったという設定になっているようですが、たしか現金化の温床ということで、今は買えなくなっているはずです。
実際、アマゾンのサイトで「Google Play Card」で検索しても、一切ヒットしません。

「Amazon」で「Google」プレイカードを購入したときのメールの返信先が「Apple」

変、というか面白い、というか、惜しい。

あと「Facebook」とどこかに入れてくれればGAFAの全部乗せだったのに。。。

さて、やることは一つです。メールを削除して、メールソフトを閉じましょう。

以下の記事で、アマゾンから来たというメールが本物かどうか、見分ける方法の一例をご紹介しています。よろしければ御覧ください。


タイトルとURLをコピーしました