『迷惑メール』Amazon.co.jp お支払い方法の情報を更新してください

アマゾンを装ったフィッシング詐欺メール
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成
スポンサーリンク

アマゾンを装ったフィッシングサイト誘導型詐欺メール

受信日時 : 2021年1月13日

送信者 :Amazon.co.jp<noreply@amazon.com.jp>

件名 : Amazon.co.jp お支払い方法の情報を更新してください

本文 :  

お支払い方法の情報を更新してください。Update default card for your membership.

amazon.co.jpプライム
マイストア | タイムセール | ギフト券

支払方法の情報を更新する

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2020/11/25に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

1.アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
2.Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
3.左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
4.有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

アマゾン偽装型の詐欺メールです。

今回のは不正アクセスの連絡を装ったものではなくて、プライム会員の更新時期なのでクレジットカードを更新してくださいという内容となっています。

特筆することもなにもないようなありふれた詐欺メールですが、強いて言うなら送信元アドレスが「@amazon.com.jp」という「.com」なのか「jp」なのかよくわからないドメインになっているとろこでしょうか。間違えて「m」つけてしまったのでしょうか。

あと、最初の偽サイトへの誘導リンクとは別に、ご丁寧に本当のアマゾンサイトでのクレジットカードの更新方法を説明してくれています。やさしいですね。

でも、そんなことはお構いなしに最初のリンクを使用してしまう人がやはり多いということなのでしょう。

だからこのようなメールはずっと存在し続けているのでしょうね。

くれぐれもメールのリンク先で個人情報の入力などしないように。

以下の記事で、アマゾンから来たというメールが本物かどうか、見分ける方法の一例をご紹介しています。よろしければ御覧ください。


タイトルとURLをコピーしました