『迷惑メール』Amazon.co.jp アカウントを一時保留いたしました

amazonを装ったフィッシング詐欺メール
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成

アマゾンを装ったフィッシング詐欺メール

受信日時 : 2022年3月29日

送信者 :Amazon.co.jp <amazon-customer@u1vcuyoqb.cn>

件名 : Amazon.co.jp アカウントを一時保留いたしました

本文 :  

amazon

ご利用の Amazon アカウントを一時保留いたしました

弊社のモニタリングにより。普段と違う不審なログインが見つかり。誰かがお客様のいつもお使いになった支払方法を変更しようとしていたそうです。

会員個人情報を確認する必要があります。今アカウントを確認できます。

サインイン試行アクティビティ
日時:2022/3/29 2:23:35

利用規約 プライバシー規約 ヘルプ

© 1996-2022, Amazon.com, Inc.or its affiliates

アマゾンの名を騙るフィッシング詐欺メールです。

スマホやタブレットのイラストをデカデカと載せておそらくは主にスマホユーザーを狙ってばらまかれていると思われます。不審なログインを知らせるいわゆるフィッシング詐欺の釣り餌は「していたそうです」となんか頼りない伝聞風、口語風でとてもオフィシャルな業務連絡とは程遠いですね。

日本語って難しいです。

送信元もリンク先もアドレスに偽装はなく、おなじみ中国ドメイン丸出しです。

当然アマゾンであるわけはありません。

↓↓↓ !以下重要! ↓↓↓

とにかく、重要なことは本物であるか偽物であるかの判断以前の問題として、メールに書かれているアドレスやリンク先で個人情報を入力したり、ログインを試みたりしてはいけないということです。

もしも実際にアカウントを持っていて、メールの内容に心当たりがあったり、不安になったりする場合でも、一旦メールを閉じて下さい。

アカウントを持っているのであれば、通常のログイン方法なり、連絡先を知っているはずです。もし忘れてしまっている場合は、グーグル等の検索サイトなどを利用して連絡先を確認して下さい。

そして、普段ログインを行っている方法でログインするなり、サポートに連絡するなりして下さい。

本物であろうがなかろうが、絶対にメールのリンク先でログインはしないこと

それさえ守っていれば最低限の被害は防げます。面倒でも習慣づけて下さい。

また以下の記事はで、アマゾンから来たというメールが本物かどうか、見分ける方法の一例をご紹介しています。よろしければ御覧ください。


タイトルとURLをコピーしました