『迷惑メール』【重要】biglobe.ne.jpメール送信機能停止のお知らせ(Code:M2)/ ***-で必要なアクション (Code:M4) / 【重要】放送機器の整備工事のお知らせ

ビッグローブのメールボックス容量警告の詐欺メール
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成
スポンサーリンク

プロバイダ名でメールボックス容量の警告を装う詐欺メール

受信日時 : 2020年10月29日 / 2020年11月17日 / 2020年11月27日 / 2020年12月13日 / 2021年1月8日 / 2021年1月12日 / 2021年1月26日 / 2020年2月5日 / 2021年2月8日 / 2021年2月24日 / 2021年3月3日 / 2021年3月16日 / 2021年4月6日 / 2021年5月6日 / 2021年5月19日 / 2021年6月1日 / 2021年6月9日 / 2021年6月14日 / 2021年6月21日 / 2021年6月25日 / 2021年6月28日 / 2021年7月5日 / 2021年7月14日 / 2021年7月21日 / 2021年7月26日

送信者 :※※不正に入手した実在する無関係のメールアドレスを偽装用に使用しているようです。当該アドレス所有のご本人にご迷惑がかかるといけませんので掲載を控えさせていただきます※※

件名 : 【重要】***.biglobe.ne.jpメール送信機能停止のお知らせ(Code:M2)- / ***-で必要なアクション (Code:M4) / 【重要】放送機器の整備工事のお知らせ

本文 :  

このメールは、***.biglobe.ne.jp インターネット接続サービスからのメールです。

メールボックスの使用量が上限に近づいていることを通知する「***.biglobe.ne.jp」。

メールボックスの使用率は90%を超えています。メールボックスの使用率が100%を超えると、新着メールを受信できなくなります。メールボックスから不要なメールを削除します。

メールボックスのご利用状況は、 Webメールにログインし、

以下の各フォルダをご確認ください。

受信フォルダ
下書きフォルダ
送信済みアイテムフォルダ
迷惑メールフォルダ
迷惑メールフォルダ

*このメールはシステムによって自動的に配信されるため、返信することはできません。

※迷惑メールフォルダに振り分けられたメールは「BIGLOBEメール」で閲覧・操作ができます。
BIGLOBEメール https://webmail.biglobe.ne.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールの発信:
 ビッグローブ株式会社
 東京都品川区東品川四丁目12番4号

□このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。
 お問い合わせは以下のホームページからお願いいたします。

https://webmail.biglobe.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)BIGLOBE Inc.

スポンサーリンク

2021年7月 新型のbiglobe詐欺メールを受信しました!注意願います


インターネット接続サービス業者「ビッグローブ」名義で、メールサーバーが容量いっぱいなので、メール内のリンクから確認してくださいとの内容です。
もちろん、リンク先は詐欺サイトで、ビッグローブのものではありません。

このメールがビッグローブ利用者かどうかに関係なく無差別に送信されているのか、あるいは(おそらく自動処理ではあろうが)手持ちのメールアドレスの中から既定のドメイン使用者を狙い撃ちしているのかはわかりません。ただビッグローブ利用者は非常に多いのため、ちょっと心配です。

実は私もビッグローブの利用者なので、これを一番最初に見たときは、一瞬本当のメールサーバーの容量警告かと思いました。
しかし、同じ内容のメールが30分おきに連続で届いていたことに加え、よく読むと日本語が不自然です。

そうでなくても、そもそも普段から素直にメールを信用しないようにしているので、まずはビッグローブのホームページから自分のアカウントにログインしてみました。
そこでメールボックスをチェックしてみた結果です。

本物 ビッグローブメールメールボックスマイフォルダ

案の定、全然いっぱいではありません。たったの86kb。スカスカです。

実際、メール内の3箇所のリンクのリンク先はすべてビッグローブではなく、「h**ps://columbustrack.in/」

何故かインドのドメイン名が使われています。

敵もいろいろと、手を変え品を変え迷惑メールを乱射してきます。

今回のように、不審なメールを受け取った場合はまず疑い、確認する場合は一旦メールを切り離し、メールから離れて直接ホームページに向かうなりしてください。

なにより、メール内のリンクから直接手続きを行うようなことをしなければ、ほとんどの被害を防げると思います。

11月27日追記:

本文が若干変更されたものが立て続けに届いています。紹介した内容と同じですのでご注意願います。

12月13日追記:

このメールが本日だけで4件届いています。大量に送信されているようです。ご注意ください。

スポンサーリンク

2021年1月8日追記:

本日もこのタイプのメールが届いていたのですが、ここ何回かのメールアドレスを見てみると、どうやら無関係の法人のメールアドレスに偽装しているようです。

始めの数回はネットワークやサーバー関係の企業のドメインだったので気づかなかったのですが、ここ2回ほど続けて全然関係ない団体、企業のアドレスが使われています。

オープンにしている団体のメールアドレスですから当然周知されており、悪用も簡単かと思われます。迷惑メールの内容とは全く無関係と思われますのでご注意下さい。

タイトルとURLをコピーしました