食事制限するならカロリー計算をしたほうが良い理由

電卓で計算をするペンギンさん
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成

スマホでカロリー管理が出来る便利な世の中です

もはや説明いらずでしょう。

体重やカロリーの管理ができる超有名ダイエットアプリ「あすけん」

あすけん ダイエットの体重管理・食事記録・カロリー計算

あすけん ダイエットの体重管理・食事記録・カロリー計算

asken inc. (Tokyo)無料posted withアプリーチ

公式HPによれば、すでに600万人近くまで利用者を増やしているそうです。

私もダイエット生活スタートから2年後、残り20kgを減らすのにあすけんの力を借りました。

120kg~85kgくらいまでは何となくで大丈夫でした。そこまでの減量で苦労した記憶もあまりありません。そもそも100kg超えという身体がかなり異常な状態ですから、ごく一般的な「普通の」食生活に戻しただけで、体重はそこへ向かって収束していきます。

ただそこからは工夫が必要でした。結局1年近く体重が減らない期間を過ごした後、きちんと摂取カロリーを数字で管理してみようと思って始めたのが「あすけん」によるカロリーコントロールです。

ほぼ基礎代謝の数字である1500kcalを上限としたカロリー制限を行った結果、それから約1年2ヶ月後に見事ダイエットを完了することが出来ました。

カロリー制限を始めてからの体重は、およそ85kg → 65kg、20kg減です。体脂肪率も13~14%ほど減りました。

そもそも摂取カロリーを制限すれば、痩せるのは当たり前です。多くのダイエッターの方々もそうしていいるでしょう。

でも、痩せられる人と、痩せられない人がいます。それは何故か?

スポンサーリンク

現代は飽食の時代~無条件にカロリー多めです

答えは簡単で、実は自分が思っているよりも多くのカロリーを摂取しているからです。

私があすけんを使い始めて、まず最初に面食らったのはここでした。

普通に食べていると(暴飲暴食していなくても)、あっという間に制限カロリーをオーバーしてしまいます。

たとえば、あすけんで「ごはん」を検索してみましょう。お茶碗に軽く一杯(180g)で300kcalとでます。つまり、1500kcalのカロリー制限の場合はご飯5杯でおしまいです。

もちろんご飯5杯は結構な量で、これが1回の食事であれば明らかな食べすぎの量ですが、あくまでも1日単位での話です。

朝・昼・晩とおかわりせずに1杯ずつご飯を食べたとしても、すでに900kcal。のこりの600kcalにおかずを収めなければなりません。

痩せる食べ物などなし。太らない食べ物もなし。

いやいや、糖質制限するから大丈夫、ご飯なんか食べません!と思った方もいるでしょう。

でも糖質以外でも同じことです。食べ物全てにはカロリーがあります(一部ノンカロリー食品を除く)。

糖質以外だからどれだけ食べても平気、太らないなんてことはありません。食えば食っただけ太ります。脂質は糖質よりもむしろ高カロリーです。肥満や高脂血症に直結します。

糖質は体脂肪になるが脂質は体脂肪にならないなんていう人もいますが、少なくとも私の今回のダイエットにおいて検証した数値ではそんなことはありません。

何を食べようが余分に食べた分は贅肉になります。

もっとも私は専門家ではありませんから、そこはもう「信じるか信じないかはあなた次第」ですが。

スポンサーリンク

タンパク質にしたって脂肪になりづらいだけで、食べ過ぎれば太ります。脂肪になります。

また、余ったタンパク質の分解が腎臓や肝臓に負担をかけるという指摘もあります。

それに加えて、タンパク質をタンパク質のみでキレイに摂取するということ自体が難しいです。すべてをプロテイン粉末で賄うのであれば解決しますが、そもそもカロリーオーバーしてしまうほど食べてしまう人は「食べ物」を食べたいのであって粉末を溶かして飲みたいわけではないでしょう。

食事からタンパク質をとろうとすると、どうしても脂質や糖質がセットでついてきます。それがオーバーカロリーならまた脂肪になります。そうなると、純度の高いパッサパサのサラダチキンを食べるくらいしか道はありません。

なんとなくをやめてしっかりと数値管理してみましょう

ダイエットをしています。食事制限しています。でも計算はしていません。どんぶり勘定です。そういえば最近体重減らなくなってきました。

そんな人、一度計算してみて下さい。

別に「あすけん」でなくても構いません。アプリはいっぱいあります。上のリンクも別にアフィリエイトじゃないので私には一銭も入りません。ご自由に好きなアプリを使って下さい。

ただ私も他のアプリを試しましたが、あすけんが使いやすいことは確かですよ。

そして、数字を見て下さい。きっと自分が想像しているよりも多くのカロリーを摂取していると思います。

ただし計算をしていなくても、体重が減り続けているならば、おそらくアンダーカロリーにはなっています。その食生活を続けて良いと思います。

減少が止まったときは必ず検証して下さい。計算して下さい。

アンダーカロリーになっていないのに停滞期と勘違いしてしまう人が多いです。

そこでチートデイとかやって坂道を転がり落ちていく人多いです。

常々言ってますが、ダイエットにも息抜きは大事ですが、逃げ道は作ってはいけません。

数字をきちんと把握することで言い訳ができなくなります。

カロリーは「なんとなく」ではなくて必ずはっきりと数値化しましょう。

そして毎日きちんと数値管理したうえで、摂取カロリー<消費カロリーの生活を続けていれば必ず体重は減っていきます。科学(数字)は裏切りません。大丈夫。

タイトルとURLをコピーしました