糖質0g麺リベンジ

イタリアンシェフのペンギン
ダイエット120kg→65kg 39%→13% 目標達成
スポンサーリンク

代用麺初チャレンジはやや消化不良だったのですが

以前、紀文の糖質0g麺を初めて食べてみたところ、あまり美味しくいただけなかった。

やはりそこは代用麺、麺のコシが絶望的に足りなかったため、味がどうのこうのという次元ではないところで楽しめなかったのです。

その時に食べたのは、スープもセットになっていた「担々麺」と「カレーうどん」だったため、予め自分の中でイメージが固まりすぎており、さらには、ラーメンもうどんもどちらかというとコシが強めの麺が好みだった私にとっては、ちょっと物足りなさを感じてしまったのです。

ただ、味としては最高とまでは行かないものの、ダイエット食品、しかもカロリーが1食わずか20kcal未満の代用麺と考えれば十分に美味しい部類といえます。

なにか他の食べ方をすればきっと美味しく食べられるのではないかと考えて、リベンジの機会を伺っていました。

そしてやって来ました。リベンジのときです。

スポンサーリンク

今度はパスタ(スパ)の代用として

前回食べたときに、食べながらすでに想像していたのですが、これはきっとスパゲッティとして食べたら美味しいのではなかろうか。

スパゲッティです。ここは「パスタ」とか言わないであえて「スパゲッティ」

もちろん形状がスパゲッティなのもありますが、そこではなく、最近ありがちな「アルデンテ」とかじゃなく、我々昭和世代が子供の頃に慣れ親しんだ、喫茶店やレストランで食べたやわらかいスパゲッティ。

今思えば、ちょっと茹で過ぎかもしれなかった緩めのスパゲッティ。
その味覚を狙い撃ちです。

その頃はスパゲッティといえば、ほぼナポリタンかミートソースの2択だったわけですが、今回はあえて、おそらくこの糖質0g麺ときっと相性抜群ではなかろうかと予想した「カルボナーラ」でチャレンジです。

もちろんインスタントですよ。レトルトです。

これをかけて糖質0g麺(平麺)を食べてみます。

紀文の糖質0麺 平麺
CGC カルボナーラ レトルト

カルボナーラソースはCGCのレトルトパック2人前のもの。

カロリーは100gあたり76kcal,1人前が130gなので98.8、およそ100kcalです。

100g中のたんぱく質が1.3gとちょっと頼りないので、ここは「ニッスイ」の冷凍サラダチキンの助けを借りようと思います。

糖質0麺にカルボナーラソース サラダチキントッピング

麺、ソース、サラダチキンの順に器に盛ります。
サラダチキンは中途半端な量が冷凍庫に残っていたのを計量したら65gでした。これは100gあたり111kcalなので全部入れちゃいます。

そしてレンジでチンです。

ちなみにカルボナーラソースは1袋全部使いました。2人前です。

2人前でも200kcal未満ですし、なにより麺のカロリーがほぼないので気にせずに使ってしまいます。塩分がちょっと心配ですけど。

温め終わったら、さらに温玉をトッピングして出来上がり。

糖質0麺 カルボナーラ サラダチキン 温泉卵 トッピング

ああ、美味しそうだ。やっぱり映えないけど美味しそうだ。

食べてみました。

やっぱり美味しいです。

前回と違って、これは軟らかい麺だと予めわかって食べていることもあり、とても美味しく頂けました。

想像していたとおり、このクリーム系のソースとツルツルの軟らかい麺はすごく相性がよいです。

ツルツルウマウマです。

軟らかいこともあり、あっという間に間食です。

もっとちゃんと噛まなければいけませんね。

グラタンとかクリーム系のパスタとかが好きな人なら楽しめるんじゃないでしょうか。

もちろん、硬めのパスタが好きというわけではないことが条件になりますが。

これは他も行けるのかもしれない。

ということで、別の日に2度めのチャレンジです。

スポンサーリンク

さらにミートだ

糖質0麺丸麺 ママー ミートソース レトルト ミニグラタン

今度はミートソースです。

上にちょこんとあるのは冷蔵庫で賞味期限が切れそうになっていたミニグラタンです。およそ100kcal。

ママーのミートソースは1人前130gあたり82kcalだそうで、前のカルボナーラとあまり変わりません。

この日はチキンとか、たんぱく質を補うような食材がなかったので、とりあえず、この画像の3点をお皿に盛ってチンします。

糖質0麺 ミートソース グラタンがけ

美味しそう。絵面的にはカルボナーラのときより美味しそう。

色味があるからでしょうか。

お惣菜のエビフライが余ってるらしかったので、トッピングに乗っけて食べました。痛風心配ですけど。

これもやはり美味しゅうございました。とても美味しかった。

スポンサーリンク

で、結論。

糖質0g麺は(濃厚系の)パスタソースと相性が良い。

(濃厚系の)と付け足したのは、今回、カルボナーラとミートソースの2種をご紹介したのですが、実は翌日レトルトの「カレー」や「ハヤシ」をかけて食べてみたら、やっぱり美味しかった。

カルボナーラ、ミートソース、カレー、ハヤシときてすべて美味しいのであれば、これ系のものはたぶん全部行けるでしょう。

ボロネーゼとかトマトクリームとかもおそらく合うと思います。

一方で、さっぱり系のものは合わないのかもしれません。

カロリーがわずかであることからも想像できますが、この糖質0g麺自体は強烈にアピールするだけの味の強みはありません。

ほぼ無味。これはあくまでツルツルの食感とある程度のお腹の満たしを得るものと考えたほうが良いでしょう。

そうなると、醤油だしのスープとか、スパゲッティでもペペロンチーノとか和風ソースのような、麺の感覚がダイレクトすぎるほどに伝わるメニューだとちょっと物足りなさが出てしまいそうです。

あとはあくまでも個人の好みの問題にはなりますが、このコシはなくともツルツルの食感を楽しめる方であれば、この糖質0g麺はとてもおすすめです。

なによりもやはりカロリーが低いのはダイエットの大変強い味方になります。

今回のカルボナーラは全部で(トッピング含め)339kcal。

ミートソースの方はエビフライを付けても390kcalです。

たんぱく質が足りないなと思った場合はなにかトッピングで足してください。

最悪、食後にプロテインで。

お腹もいっぱいになりますよ。

どうせ不味いんでしょ、と敬遠していた人、ぜひ一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました